赤心楼からの手紙

アクセスカウンタ

zoom RSS FUJIFILM FinePix XP30のオートフォーカス性能

<<   作成日時 : 2011/07/10 21:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

このカメラのAF性能はそれほど高いわけではないのです。
明るい場所なら普通のAF性能が出るのですが、少し暗い場所になるとまったくフォーカスが合わなくなる。

画像


写真は東京タワー。この程度の明るさならAFは全く問題無いのです。

一眼レフや高性能デジカメと比較すると結構悪いAF性能ですが、最近の廉価版コンパクトカメラとしてはこの程度のAF性能が現実的で、それ以上を求めるのは酷だと思う。
変な話、SIGMAのDP2Sのようにマニュアルフォーカスダイアルがあってもいいと思ったのですが、今のコンパクトデジカメにマニュアルフォーカスダイアルがついていたら、そんな変なカメラは売れなくなる。

この価格でこのAF性能は仕方がないのです、と納得しながら私は撮影しています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
突然のコメント申し訳ございません。岩手県に住む、キャプテン山崎と申します。コンデジについて調べていましたら、こちらのブログに目が止まりました。綺麗な写真を拝見させて頂きました。私は渓流釣りが心底好きで、富士Z33WPを手に釣った魚をとっています。またブログにも写真を載せていますが、いまいち納得のいく写真がとれません。なぜそんなに綺麗な写真がとれるのですか?パワーショットs90と最近でた富士F550EXRなにか違いはあるんですか?なにかコツやアドバイスがあれば教えてください。ちなみにHR 「チーム山崎」というブログをやっています。ぜひ一度ご覧になりアドバイスください、、雑誌のようなかっこいい魚の生々しい写真が取りたいのです!
キャプテン山崎
2011/07/15 00:43
赤心楼のU1です。初めまして。
ブログへのコメントありがとうございます。

キャプテン山崎様のブログを一通り拝見させていただきました。
アドバイスになるかよく判りませんが、私見としまして。

渓流釣りの魚と渓流の風景の場合、一般的な風景よりは比較的暗い場所で撮られていると思います。
その場合、コンパクトデジタルカメラの性能限界で

・十分な光量を得るためにシャッターを開く時間が長くなる
 →この時間が長いほど手ブレが発生する可能性が高い
 →動いている魚の場合もブレる

・シャッターを開く時間を抑えるためにISO感度を上げると、
 ザラザラしたノイズが増え画質が悪化します

少し暗い場所でも綺麗に写真を撮るには、センサーサイズの小さいコンパクトデジカメでは難しいのですが、
できる工夫としては

・綺麗にとるためにはそのカメラの常用感度で固定する
・手ブレを抑えるために
 1.可能なら小型の三脚を使って、地面に固定する
 2.撮影するときにカメラを両手でしっかり持つ
   →これだけでもかなり違います
 3.複数枚撮影して、後で一番ピントが合っている写真を選ぶ
 4.シャッターボタンを静かに押して、静かに離す

これだけでも結構良くなると思います。
パワーショットs90と富士F550EXRですが、私は両方とも持っていないので比較コメントは書けません。
ただ、いずれにせよ最近のデジタルカメラで光感度も飛躍的に向上しているので、良いカメラだと思います。
魚の撮影で防水機能が必要だと思いますので、防水ケースが購入できるパワーショットSの系統がオススメだとは思います。
U1
2011/07/16 19:12
コメントへの返答、解りやすい説明ありとうございます。
早速、U1さんのアドバイス通り、ISO 感度をマニュアルで固定し64、200、400、800といろいろ写真をとってみました。いい写り、悪い写りはありますが、いい写りの画像は明らかに以前の写真より良いことに気づきました!今後は新しいデジカメを購入予定です。これからも拝見し参考にさせていただきます。宜しくお願いします。
キャプテン山崎
2011/07/17 23:48

コメントする help

ニックネーム
本 文

内部リンク

赤心楼(本体のHP)
赤心楼 写真館
ノライ
ZUMIの追憶

外部リンク

HR「チーム山崎」 様

FUJIFILM FinePix XP30のオートフォーカス性能 赤心楼からの手紙/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる