雪が積もった東京で都知事選の投票に行ってきました

珍しく雪が積もった東京にて。
慣れない雪道を歩いてようやく買い物を終えて、なんとか家にたどり着いたのですが、都知事選の投票を忘れていたことに気がつきました。

【雪が積もった東京の風景】
雪が積もった東京の風景


寒いし足元が滑るし、一瞬投票を諦めようかと思ったのですが、我慢して投票に行ってきました。
写真は投票所の小学校の校庭の雪景色。

【雪が積もった東京の風景】
雪が積もった東京の風景


投票所は暖房が効いていてとても暖かかったのですが、あの「立会人」と書かれた席に座っているご老人方は一体何をしている人々なのかとても意味不明で、これが日本の伝統の選挙なのかと変に納得してしまった。
彼らが座っていること自体が何らかの権威を体現しているのだと思われる。

【雪が積もった東京の風景】
雪が積もった東京の風景


あと、都知事の立候補者がこれまた意味不明なくらい沢山いて、これにも仰天した。売名行為だとしても、人数が多すぎる。
こんな近代的な都市でここまで古典的かつ非合理な選挙が行われているのがとても謎なのですが、とりあえず無事投票を終えて一安心なのです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック