ベネッセ事件の松崎正臣容疑者の所属派遣会社がなぜか報道されない

ベネッセの個人情報流出事件のニュースを見ていて思ったのだけれど、いろいろ広告費の関係もあるのだろうけれど、マスコミの腰の引け具合が変だと思う。

情報管理が甘かったベネッセ本体に全責任があるのは間違いないけれども、DB管理をしていたシンフォームとか、松崎正臣容疑者とか、そちらに目がいきがちな報道になっていて、しかもデータを購入したジャストシステムまで叩いている始末。ジャストシステムの関係者が盗み出したのなら悪だけれども、名簿業者から買っているわけで、データを買うことが悪ならそもそもデータを売っている名簿業者を法律で全面禁止するべきだ。
そんなことよりジャストシステム自体の情報管理の課題と問題責任を報じるべきだ。

そしてニュースを見ていて思った最大の謎は、流出させた張本人の松崎正臣容疑者の所属派遣会社の名前が出てこないこと。どの会社に所属している人なのかが全く報道されないのだけれど、彼が悪なら彼が所属していた派遣会社もその管理責任を問われるべきだと思う。でもなぜかマスコミは何も公表しない。データを購入した名簿業者の名前は報道されているのに、容疑者の所属会社は報道されない愚かしさ。

その派遣会社に何か政治的な力でもあるのかもしれませんが、叩きやすいところの情報を流して、叩いたら怖いところは知らんふりを決め込む日本のマスコミの報道姿勢がとても恐ろしいと思った。自分達(マスコミ達)にとって都合の良い情報を取捨選択して報道しているわけです。
結局は世の中、権力と金ということですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック