富士フイルムXF16-55mm F2.8 R LM WRのテレ端での光学性能

富士フイルムXF16-55mm F2.8 R LM WRのテレ端で撮影してみました。
写真は曇り空の浅草寺の境内。F値は8.0です。
富士フイルムXF16-55mm F2.8 R LM WRのテレ端での光学性能

ぱっと見て、歪曲収差がほとんど無い!それと周辺減光も無い!
まぁF値を8.0まで絞ったら当然でしょというツッコミもあると思いますが、なかなか良い光学性能だと思います。
富士フイルムXF16-55mm F2.8 R LM WRのテレ端での光学性能

今度は周辺領域の解像度を確認してみます。
同じくF値8.0にて。一枚目は五重塔の先端の部分の等倍観賞。
富士フイルムXF16-55mm F2.8 R LM WRのテレ端での光学性能

二枚目は写真右側のクレーンの先端の等倍。
富士フイルムXF16-55mm F2.8 R LM WRのテレ端での光学性能

三枚目はかなり小さいですが、写真左下の看板の文字。
富士フイルムXF16-55mm F2.8 R LM WRのテレ端での光学性能

最後は写真右下の屋台村の、手前から三番目の屋台の看板。
富士フイルムXF16-55mm F2.8 R LM WRのテレ端での光学性能

これは、非常に良い解像度ですね。
私は同じ系統のレンズ、AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDを持っていますが、使っているカメラが古いD700という点は考慮したとしても、テレ端では富士フイルムXF16-55mm F2.8 R LM WRのほうが光学性能が高く感じます。

AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDは値段が高いので、ネガティブな評価があまり表に出にくいですが、実は歪曲収差も周辺減光も結構ある。ボケの柔らかさはNIKKORに軍配が上がりそうですが、富士フイルムもなかなか頑張っているなぁと驚きました。
次は望遠端も拡大してみよう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック