富士フイルムXF16-55mm F2.8 R LM WRの望遠端での光学性能

富士フイルムXF16-55mm F2.8 R LM WRの望遠端で撮影してみました。
写真は浜離宮庭園の水路にいた白鷺を遠くから望遠端で撮影した写真。
最初はF値8.0
富士フイルムXF16-55mm F2.8 R LM WRの望遠端での光学性能

次は写真中央の白鷺の等倍画像。
富士フイルムXF16-55mm F2.8 R LM WRの望遠端での光学性能

二枚目は写真右一番端の石垣の等倍画像。
富士フイルムXF16-55mm F2.8 R LM WRの望遠端での光学性能

三枚目は写真左一番端の石垣の等倍画像。
富士フイルムXF16-55mm F2.8 R LM WRの望遠端での光学性能


次はF値2.8
富士フイルムXF16-55mm F2.8 R LM WRの望遠端での光学性能

次は写真中央の白鷺の等倍画像。
富士フイルムXF16-55mm F2.8 R LM WRの望遠端での光学性能

二枚目は写真右一番端の石垣の等倍画像。
富士フイルムXF16-55mm F2.8 R LM WRの望遠端での光学性能

三枚目は写真左一番端の石垣の等倍画像。
富士フイルムXF16-55mm F2.8 R LM WRの望遠端での光学性能


比較してみると、F2.8のほうが僅かに解像度が高いようにも見えますが、本来はF8.0のほうが解像度が高いはずなので、どうも私が手振れしてしまったようで...。
ただ開放でもここまでの解像度が中央と隅で出るのはかなり良いですね。本来は四隅で確認したいところです。

F2.8通しの他のメーカーのレンズ、例えば私が持っているAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDと比べても遜色ないどころか、もしかしたらXF16-55mm F2.8のほうが優れている気がします。
今週末にAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDの望遠端も撮影して比較してみたい!でもD700で比較するのはよくなさそうなので、これまたNIKKORレンズアダプターをX-T1につけて直接比較してみるか!
と思ってしまった私は完全にレンズ沼の底に沈没してますね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック