いろいろ物議を醸した挙句、叩かれ始めた恵方巻

節分の今日、床屋に行って散髪してもらったのですが、散髪台の鏡から通りの風景を眺めていたら、なぜか普段よりも人通りが圧倒的に多い。

床屋のマスターの話では「節分のイベント目当てで都内の人々が移動しているのでは」とのことでしたが、それにしても学生の集団やら家族連れからお年寄りの独り歩きから、様々な通行人がひっきりなしに移動していてちょっと驚きました。節分というだけで都内の方々は浮かれて外出するものなのですね。

床屋のマスターに「お昼ご飯は何を食べるのですか?」と聞かれて、みんな浮かれていることだし恵方巻でも食べますか。と答えたら「あれはいけません。消費しきれないまま廃棄される量が膨大で、資源の無駄遣いです。」と言われてしまった。

私自身はここ十数年、恵方巻を食べたことがないので「節分になんとしてでも恵方巻を食べたい派」な人々とは異なるわけですが、たまには食べてみようかと思うだけで文句を言われてしまう時代なのですね。

それでもちょっと罪悪感を感じながらもコンビニで1本買ってきて食べてみました。
いろいろ物議を醸した挙句、叩かれ始めた恵方巻

それなりに美味しい。でもぶっちゃけてしまうと、1本500円は高過ぎる。
節分だからということでこのお値段で売れるのなら、廃棄される量がある程度あったとしても販売したいという小売業界の人々の気持ちもなんとなくわかる。でも、残るほど大量に作ってあとは捨ててしまうのは間違っている。

小売業界の都合もあると思いますが、本数を絞って、かつ現実的な価格にして売り切る。そうでもしないと恵方巻といういかにも日本的な風習がいずれ廃れる日が来るのではないかと思いました。それはそれで寂しいですよね。

買った海鮮恵方巻は、鮭に感謝しながら美味しくいただきました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック