3月10日は東京大空襲の日。横網町の慰霊堂にお参りしました。

3月11日は東日本大震災の日であることを大部分の日本人が知っていますが、3月10日が東京大空襲の日であることを覚えている日本人は、ずいぶん少なくなりました。
私は今30代なので戦時中生きていた人間ではないのですが、それでも3月10日の東京大空襲の日は横網町の慰霊堂へ、8月15日は千鳥ヶ淵の戦没者墓苑へ、毎年お参りに行くことにしています。

今年も横網町にある東京都慰霊堂にお参りに行ってきました。
3月10日の横網町の東京都慰霊堂

数年前、慰霊堂にたくさんの人がいて「東京都民は東京大空襲を忘れていないのだ!」と深く感動した後に、実はみんなポケモンを集めていただけだったという衝撃の事実に気付き憤慨したことがありましたが、今年は落ち着いた慰霊祭になりました。
さすがに参拝者は少なくなりましたが、お年寄りの方々含め多くの方が献花し、お焼香をされていました。
復興記念館と入り口で咲く梅の花

写真は復興記念館と入り口で咲く梅の花。
復興記念館にはたくさんの人々が訪れて、戦争の遺品や写真を丁寧に観られていました。とても有難いことです。

毎年毎年、慰霊堂や戦没者墓苑を訪れる度に私達日本人および東京都民のアイデンティティを再確認することができ、とても穏やかな心を取り戻すことができます。日々の喧騒の中で忘れられがちな大切な精神を思い出す、大切な行事ですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック