COOLPIX P7000 使用感レビュー

COOLPIX P7000をいろいろ使いこなしてみた上での使用感レビューです。

このカメラの大きな特長は
・ダイヤル系の操作が多い
・レトロな外観を愉しめる
の2点だと思います。

画質はこのクラスのカメラとしては普通で、良くもなく、悪くもない。
AFの合焦速度は遅いほうだし精度も高くない。
他のカメラと比べるといたって標準的なカメラですが、大きく優れているのがこの2点。

そしてこの2点を最大限生かせる人というのは
・撮影時、オート設定ではなくマニュアル設定で絞りやシャッター速度の設定、
 ISO感度、露出補正をこまめにする人
 ⇒こういう人にはダイアル操作が非常に便利
・これらの設定の意味をよく理解している人
・カメラの性能マニアというより、写真の撮影を愉しめる人
 ⇒このカメラでの撮影の雰囲気自体を愉しめる人

だと思います。
あまり向いていない人としては

・最初の一台として購入する人
 ⇒絶対にオススメしません 使いこなすのに苦労すると思います
・コンパクトカメラからのステップアップ
 ⇒普段、マニュアル設定しない人がこのカメラを使い始めると
  このカメラの面白さに気付きにくいと思います

私の場合はいつも一眼レフを使っていて、こまめにマニュアル設定するのと、撮影を愉しむタイプの人なので、このカメラを使っているととても楽しいのです。機能性の高さではなく、この操作感とカメラの外観は実際に撮っていて抜群に楽しい。
私はとても良いカメラだと思うのですが、使う人によって評価が大きく分かれるのと、万人受けはしにくいカメラだと思います。

【小石川後楽園 水路の写真 使用カメラ:COOLPIX P7000 】
画像

ニコンらしい自然な発色が気に入っています。

"COOLPIX P7000 使用感レビュー" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント