Nikon D700とAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDで筋肉痛になった

昨日、久しぶりにNikon D700とAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDを使って横浜中華街を撮影していたら、今朝になって猛烈な筋肉痛になりました。今日の仕事中も腕がしびれてキーボードを打つのが苦しかった。
写真が趣味な人は体も鍛えないと駄目ですね。

AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDの重量が約900g。Nikon D700が約995g。あわせて2kg。
最新のD800は900gでD700より若干軽いですが、大して変わらない。こんなものを抱えて仕事をしているプロのカメラマンは大変ですね。

【Nikon D700とAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDで撮影した横浜中華街】
Nikon D700とAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDで撮影した横浜中華街

【Nikon D700とAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDで撮影した横浜中華街】
Nikon D700とAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDで撮影した横浜中華街

【Nikon D700とAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDで撮影した横浜中華街】
Nikon D700とAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDで撮影した横浜中華街


Nikon D700とAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDは少し前まで私がよく使っていたセットですが、重くて持ち出すのが大変で、最近はあまり使っていませんでした。
久しぶりに使ってここまで筋肉痛になるとは驚きです。これからはもっと体を鍛えよう。
写真撮影はある意味スポーツなのです。

"Nikon D700とAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G EDで筋肉痛になった" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント