富士フイルムXF16-55mm F2.8 R LM WRのボケ味を調べてみました

富士フイルムXF16-55mm F2.8 R LM WRのボケ味を調べてみました。
写真はF2.8で至近距離で撮影した水仙の花。
富士フイルムXF16-55mm F2.8 R LM WRのボケ味を調べてみました

かなり綺麗に柔らかくボケています。
次は梅の花と、花から距離が離れている神社の背景。F5.6で撮影。
富士フイルムXF16-55mm F2.8 R LM WRのボケ味を調べてみました

こちらも柔らかめのボケですが、縮小前の画像を拡大してみると背景が結構ゴワゴワしている。
ちょっと二線ボケ気味のレンズのようですが、当たり前ですが被写体との距離によってボケ方が違います。
次は手前の梅の花と、かなり距離の離れた背景の菜の花畑。F8.0で撮影。
富士フイルムXF16-55mm F2.8 R LM WRのボケ味を調べてみました

ピント位置から背景の距離がかなり開いているので、F8.0でも結構ボケています。
次も全く同じ構図でF2.8。
富士フイルムXF16-55mm F2.8 R LM WRのボケ味を調べてみました

こちらはかなり柔らかくボケています。
また明日もいろいろな被写体を撮影して調べてみようと思いました。

"富士フイルムXF16-55mm F2.8 R LM WRのボケ味を調べてみました" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント