大混雑していた昨日の神田明神の初詣風景

昨日の1月7日、ちょっと遅い初詣をしに秋葉原の神田明神にお参りしたのですが
私の知識不足ではありますが、圧倒的な大混雑でとても驚きました。
1月7日にもなったら参拝者も少なくなるものかと勘違いしていました。

神田明神の参道の起点にある鳥居まで延びた参拝行列に並び始めてから
拝殿に辿り着くまでに1時間程度かかったのですが、それでもみんな辛抱強く並んでる。
大混雑していた昨日の神田明神の初詣風景

幅広い参道のほとんどが参拝行列で埋まっていて、そして進む速度も結構遅い。
参道両脇に様々な屋台が出ていましたが、皆行列から外れるわけにもいかず、参拝を終えた人々が屋台で買い物を楽しんでいました。
食べながらお参りできたらいいのにとか、ちょっと不届きなことを考えてしまったのですが、黙々と拝殿に向かって行列が進む勢いに圧倒され、私もひたすら歩いては止まってを繰り返していました。
神田明神の屋台の風景

そしてようやく山門を越えて、拝殿までズラッと並んだ人、人、人。
ちょっと写真の下側が暗くなっていますが、よく見ると大勢の人が写っています。
大混雑していた昨日の神田明神の初詣風景

三が日ならいざしらず、1月7日でこの賑わいです。

最近はお正月でも営業している店も増え、昔ながらのお正月文化が急速に薄れていく中で、それでも初詣のこの賑わいを見ると、まだまだ「正月」は廃れてはいないなぁと実感しました。

様々な情報が溢れすぎている現代、あてもなく漂流するかのような生き方も人それぞれですが、昔からの文化を重んじることで、私たちのアイデンティティを確たるものにすることが出来るのだと思います。

"大混雑していた昨日の神田明神の初詣風景" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント