3月10日の東京大空襲の日に合わせて東京都慰霊堂にお参りしました

毎年のことではありますが、今年も3月10日の東京大空襲の日に合わせて東京都慰霊堂にお参りしました。
70年以上も前の惨事であり、東日本大震災の3月11日のほうが記憶に新しいですが、3月になると私は毎年お参りしています。

東京都慰霊堂でお線香をあげて、慰霊堂の前で少し休んでいたのですが
お堂の前で子供と鬼ごっこをしている外国人の姿を見て、とても平和だなぁと実感しました。
東京都慰霊堂の前で鬼ごっこをする子供と外人達

こんな風景をのんびり眺めていられるだけで幸せですね。
東京都慰霊堂はあの元陸軍被服廠があった場所でもあり、関東大震災の悲劇の場所でもあるのですが、今ではここまで平和な風景が広がっているのです。
東京都慰霊堂の桜の風景

東京都慰霊堂の入り口では早咲きの桜が咲いていました。
この桜は毎年この場所で咲いていて、春の訪れをいち早く教えてくれます。
そんな春の風景を楽しみながら。

"3月10日の東京大空襲の日に合わせて東京都慰霊堂にお参りしました" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント